登米の味、あぶら麩丼を作りました。コクのあるあぶら麩があればお肉は不要です。

f:id:amimono-seikatsu:20211101164042j:plain

あぶら麩
購入時価格:378円
2021年10月

 

登米といえばあぶら麩。お店で食べるあぶら麩丼もおいしいけれど、それだけでは足りないので自宅でも時々作ります。

今回は道の駅三滝堂で購入しましたが、ここだけでも多くの種類がそろっています。

その中で今回選んだのは、熊本油麩店さんのお徳用「あぶら麩のかけら」

その横にはカットした真ん中ばかりのあぶら麩が入った袋が販売されていて、こちらはかけらというよりは端っこ。

揚げた部分が多めになるから好みは分かれるでしょうね。

 

f:id:amimono-seikatsu:20211101164045j:plain

▲袋の上にカケラと書かれたシールが貼ってあります。

f:id:amimono-seikatsu:20211101164047j:plain

▲お徳用、確かに通常の商品より3割くらいお得。

f:id:amimono-seikatsu:20211101164050j:plain

▲自宅で食べるときの味付けは「味どうらく」です。めんつゆっぽいけど、甘め。煮物にピッタリです。

f:id:amimono-seikatsu:20211101164052j:plain

▲袋の中身はこんな感じ。端っこだけど割れているわけではなくて、形はきれいに残っています。

f:id:amimono-seikatsu:20211101164057j:plain

▲味付けしたつゆの中にあぶら麩を入れて

f:id:amimono-seikatsu:20211101164059j:plain

▲ネギも加えて味がしみこむまで煮ます。

このあと卵でとじてできあがり。ご飯にのせていただきます。

写真を撮っている間にちょっとやわらかくなっちゃいました。

もう少し形が残っているときの方が、おいしいです。

 

今日もおいしくいただきましたヽ(*´∀`)